コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽装献金事件

1件 の用語解説(偽装献金事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

偽装献金事件

鳩山前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、故人の名前が献金者として記載されていることが昨年6月に発覚。実際は前首相自身や実母らからの資金にもかかわらず、総額約4億円を個人献金などと偽って収支報告書に記載した政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で、東京地検が元公設第1秘書を在宅起訴し、今年5月に禁固2年執行猶予3年の東京地裁判決が確定した。一方、前首相本人も共犯容疑で告発されたが、同地検は「関与がなかった」などとして不起訴処分に。検察審査会も4月に不起訴相当の議決を出した。

(2010-10-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偽装献金事件の関連キーワード著作権等管理団体懇話資金管理団体政治資金団体小沢氏の事務所費問題政党支部の収支陸山会の土地取引事件企業献金と個人献金偽装献金問題政治資金と政務調査費

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偽装献金事件の関連情報