コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽造キャッシュカード事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

偽造キャッシュカード事件

スキマーと呼ばれる装置でキャッシュカードの磁気情報を読み取る「スキミング」による偽造が00年ごろから頻発。05年にはUFJ(現・三菱東京UFJ)銀行などのATMカメラを仕掛け、暗証番号などを盗撮し、カードの現物を入手せずに偽造する手口が現れた。各金融機関はカードの情報の暗号部分を増やし、カード自体をIC化するなどの対策をとった。

(2007-11-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報