傀儡師・傀儡子(読み)くぐつし

精選版 日本国語大辞典の解説

かいらい‐し クヮイライ‥【傀儡師・傀儡子】

〘名〙
① 人形つかい。古くから存在した一種の放浪生活者で、曲芸、歌舞を業とした。特に、江戸時代、首に人形箱をつるし、その箱の上で人形をあやつって門(かど)付けをして歩く乞食芸人をいう。傀儡。くぐつまわし。《季・新年》
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・傀儡子〈中原広俊〉「傀儡子徒無礼儀。其中多女被人知」 〔顔氏家訓‐書証〕
② ①の風俗などを取り入れた歌舞伎舞踊。河東節、長唄、清元節などにある。
③ かげで人をあやつって思いのままに行動させる者。
※三日幻境(1892)〈北村透谷〉下「政治界の傀儡子(カイライシ)となり畢ることもなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android