傍ら・旁・側・脇(読み)かたわら

大辞林 第三版の解説

かたわら【傍ら・旁・側・脇】

端に片寄った所。はし。わき。 「森の-に泉がある」 「道の-で休む」
すぐ近くのあたり。そば。 「母屋の-に茶室を建てる」
(接続助詞的に用いて)…しながら、また一方で。 「勤めの-、絵をかく」 「勉強に精出す-、体も鍛える」
から転じて〕 (副詞的に用いて)ある動作をしながら、また一方で。 「関西に旅行し、-旧友を訪ねる」
物の横側。脇腹わきばら。 「大蛇頭毎に各石松あり。ふたつの-に山あり/日本書紀 神代上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android