傍焼餠・岡焼餠(読み)おかやきもち

  • おかやきもち をか‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「おか」は傍、局外の意) はたで嫉妬すること。他人の仲がよいのを、関係のない者がねたむこと。おかやき。おかめ焼餠。法界悋気(ほうかいりんき)
※黄表紙・三筋緯客気植田(1787)上「ただ梅三郎に命がけでゐれば、今はをかやきもちになり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android