コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備品廃棄問題

1件 の用語解説(備品廃棄問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

備品廃棄問題

神戸市の168の部署で、コピー用紙などの消耗品名目でパソコンやデジタルカメラを不正購入していたことが9月に発覚。「公務遂行に必要で、現物確認できた備品」は職員に賠償請求しないと説明していたが、不正購入したパソコン231台のうち13%の29台、デジタルカメラ69台のうち32%の22台が、備品管理簿で「廃棄」とされ、現存しなかったことが朝日新聞社の調べで判明。廃棄の時期や理由が不明なものや、購入3カ月後に廃棄された備品もあった。

(2010-11-25 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

備品廃棄問題の関連キーワードボクシング酒石酸サブネットマスク静的IPマスカレード出資会計管理者マケドニア戦争JR宝塚線脱線事故JR福知山線脱線事故プロボクシングの階級

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone