コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧侶の税務申告

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

僧侶の税務申告

会社員と同じように、年間の給与収入が2千万円を超えたり、給与や退職金以外の原稿料や講演料などが20万円を超えたりすると確定申告をしなければならない。一方、宗教法人の場合、お布施、さい銭、志納金、戒名料など宗教活動で得た収入は非課税となる。飲食店などを営むと課税されるが、経費を除いた所得のうち2割を事実上控除でき、残り8割にかかる法人税率も22%と通常(30%)より低い。

(2011-02-17 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

僧侶の税務申告の関連キーワード会社員

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android