コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僭上・僣上 せんじょう

大辞林 第三版の解説

せんじょう【僭上・僣上】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔古くは「せんしょう」とも〕
身分をわきまえず、さしでた行為をする・こと(さま)。 「 -の振る舞い」 「決して私めが-に岩沼子爵の御令嬢をどうのかうのとは申ませぬから/風流仏 露伴
分に過ぎたぜいたくをすること。 「過差なることを-と言ひ習はせり/かたこと」
大言壮語すること。 「色里で-いふことは治兵衛めには叶はねども/浄瑠璃・天の網島

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報