僭主・僣主(読み)せんしゅ

大辞林 第三版の解説

せんしゅ【僭主・僣主】

帝王・君主の名を僭称する者。
ギリシャ tyrannos〕 古代ギリシャの諸ポリスにみられた非合法的手段で支配者となった者。多く貴族出身で平民の不満を利用し、その支持を得て政権を掌握。アテネのペイシストラトスが代表的。タイラント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android