コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僻・劈・壁・璧・癖・碧 へき

1件 の用語解説(僻・劈・壁・璧・癖・碧の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

へき【僻・劈・壁・璧・癖・碧】

【 碧[音] ヘキ
青色の美しい石。 「 碧玉 ・碧瑠璃へきるり
あお。あおみどり。 「 碧海 ・碧空 ・碧水 ・碧潭へきたん ・紺碧 ・丹碧 」
【 僻[音] ヘキ
いなか。かたいなか。 「 僻遠 ・僻隅 ・僻陬へきすう ・僻村 ・僻地 」
かたよる。かたより。また、ひがみ。心のねじけていること。 「 僻案 ・僻見 ・僻在 ・僻説 ・僻論 」
【 劈[音] ヘキ
強い力で二つに引き離す。さく。わる。 「 劈開 ・劈頭 」
【 壁 】 [音] ヘキ
かべ。ぬりかべ。 「 壁画 ・壁面 ・土壁 ・面壁 」
かき。土べい。 「 牆壁しようへき
障害物。 「 障壁 」
直立した崖がけ。 「 岸壁 ・岩壁 ・絶壁 」
とりで。 「 壁塁 ・城壁 」
【 璧 】 [音] ヘキ
たま。また、玉のように美しくりっぱなもの。 「 完璧 ・全璧 ・双璧 ・白璧 」
【 癖 】 [音] ヘキ
くせ。習慣。 「 悪癖 ・癇癖かんぺき ・潔癖 ・習癖 ・酒癖 ・性癖 ・盗癖 ・病癖 」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone