コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優しい ヤサシイ

2件 の用語解説(優しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やさし・い【優しい】

[形][文]やさ・し[シク]《動詞「痩(や)す」の形容詞化で、5が原義》
姿・ようすなどが優美である。上品で美しい。「―・い顔かたち」「声が―・い」
他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。「―・く慰める」「―・い言葉をかける」
性質がすなおでしとやかである。穏和で、好ましい感じである。「気だての―・い子」
悪い影響を与えない。刺激が少ない。「地球に―・い自動車」「肌に―・い化粧水」
身がやせ細るような思いである。ひけめを感じる。恥ずかしい。
控え目に振る舞い、つつましやかである。
殊勝である。けなげである。りっぱである。
[派生]やさしげ[形動]やさしさ[名]やさしみ[名]
「なにをして身のいたづらに老いぬらむ年のおもはむ事ぞ―・しき」〈古今・雑体〉
「繁樹は百八十に及びてこそさぶらふらめど、―・しく申すなり」〈大鏡・序〉
「あな―・し、いかなる人にてましませば、味方の御勢は皆落ち候ふに」〈平家・七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やさしい【優しい】

( 形 ) [文] シク やさ・し
穏やかで好ましい。おとなしくて好感がもてる。 「気立ての-・い女の子」
思いやりがあって親切だ。心が温かい。 「 - ・い心づかい」
上品で美しい。優美だ。 「 - ・い物腰の婦人」
身もやせるような思いでつらい。他人や世間に対してひけ目を感ずる。恥ずかしい。 「世の中を憂しと-・しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば/万葉集 893
心づかいをして控えめである。つつましやかである。 「されば重木は百八十に及びてこそさぶらふらめど,-・しく申すなり/大鏡
(節度をもって振る舞うさまが)殊勝である。けなげである。 「己が振舞-・しければ,一筋取らするぞ/保元 」 〔動詞「やす(痩)」の形容詞形で,身もやせ細る思いだというのが原義。平安時代にはの意でも用いられ,つつましくしとやかなさまを優美と感ずることからの意が生じた。は優位の者がほめことばとして用いた。→やさしい(易)
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

優しいの関連キーワード悪しい厭わしい慕わしい生易しい望ましい鬼鬼しい心優しいそそかし・い生優しい

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

優しいの関連情報