優草・勝草(読み)まさりぐさ

精選版 日本国語大辞典「優草・勝草」の解説

まさり‐ぐさ【優草・勝草】

〘名〙
① (「夫木和歌抄所載の寛平御時合歌に「すべらぎの万代までにまさり草たまひし種を植ゑし菊なり」とあるところからいう。ただし、この歌の第二、三句は「万代までしませからは」がもとの形だが、意味不通のため、「夫木抄」の「まさりくさ」の異文が生じたもの) 植物きく(菊)」の異名。《季・秋》 〔八雲御抄(1242頃)〕
※俳諧・崑山集(1651)八秋「色つくや花よりくゎっとまさり草」
② 植物「くらら(苦参)」の異名。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android