コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優越的地位の乱用

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

優越的地位の乱用

独禁法は、取引上優位な立場にあることを利用して、不当な行為で相手方に不利益を与えることを禁じている。出入り業者に協賛金を出すよう求めたり、従業員の派遣を要請したりすることなどが対象になる。書籍・雑誌は出版社が販売を取次会社に委託する形をとり、書店で販売するには原則、取次会社を通すことになる。取次会社はどの本をどれぐらい仕入れるかを最終的に決める権限があり、一般的に出版社に対して取引上優位な立場にあると考えられている。

(2011-12-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

優越的地位の乱用の関連キーワード下請代金支払遅延等防止法独禁法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

優越的地位の乱用の関連情報