コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・玄・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験 げん

大辞林 第三版の解説

げん【儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・玄・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験】

【元】 [音] ゲン ・ガン
人の頭部。こうべ。 「元服」
もと。根本。 「元気・元素・元金がんきん・元本がんぽん・根元・次元・多元」
はじめ。第一。 「紀元きげん」 「《ガン》元日・元祖・元旦・元年・元来」
第一の人。首長。 「元勲・元首・元老」
年号の区切り。 「元号」
【幻】 [音] ゲン
まぼろし。 「幻影・幻覚・幻想・夢幻」
まどわす。 「幻術・幻惑・変幻」
【玄】 [音] ゲン
くろ。 「玄黄・玄鳥・玄米」
おくふかい。暗くてよく見えない。 「玄奥・玄機・玄旨・玄妙・玄理・幽玄」
はるか。とおい。 「玄孫」
北。 「玄武」
【言】 [音] ゲン ・ゴン
ものをいう。 「《ゲン》言詞・言明・言論」 「《ゴン》言上・過言・他言」
いったこと。ことば。 「《ゲン》言語・言行・言質げんち・格言・甘言・狂言・金言・巧言・失言・方言」 「《ゴン》遺言・伝言・無言」
【弦】 [音] ゲン
つる。ゆみづる。また、糸を張った弓のような形。 「弦月・上弦・鳴弦」
楽器の糸。 「弦歌・弦楽・管弦楽」
円または曲線上の二点を結ぶ線分。また、直角三角形の斜辺。 「正弦・余弦」 〔「絃」の書き換え字としても用いられる〕
【限】 [音] ゲン
かぎる。一定の範囲を定める。かぎり。 「限界・限定・限度・際限・年限・門限・有限」
【原】 [音] ゲン
はら。のはら。 「原野・高原・中原・平原」
みなもと。はじめ。おこり。 「原因・原罪・原始・原則・原理・語原・根原」
もとになるもの。 「原型・原作・原石・原典・原盤」
「原子」「原子力」の略。 「原発・原爆」
【 眩 】 [音] ゲン
くらむ。
めまいがする。また、めまい。 「眩暈げんうん
まどう。まどわす。たぶらかす。 「眩惑」
まぶしい。まばゆい。 「眩耀げんよう
【現】 [音] ゲン
あらわれる。姿をあらわす。 「現出・現象・現像・具現・実現・発現・表現」
いま。いまそこにある。 「現況・現今・現在・現実・現職・現代」
【眼】
⇒ がん〔眼〕 [漢]
【 絃 】 [音] ゲン
いと。楽器の糸。 「絃歌・絃楽・絃妓げんぎ・絃誦げんしよう・管絃・三絃」 〔「弦」とも書き換えられる〕
【舷】 [音] ゲン
ふなばた。ふなべり。 「舷墻げんしよう・舷窓・舷側・舷灯・舷頭・舷門・右舷・左舷」
【 衒 】 [音] ゲン
てらう。見せかける。 「衒学・衒気・衒奇・衒耀げんよう
売る。売り込む。 「女衒ぜげん
【減】 [音] ゲン
へる。へらす。 「減刑・減収・減少・減食・減水・減退・削減・増減」
【源】 [音] ゲン
みなもと。水の流れ出るもと。ものごとのはじまり。 「源泉・源流・淵源えんげん・根源・財源・水源・本源」
みなもと。古代以来の名家の姓。 「源氏・源平」
【 諺 】 [音] ゲン
ことわざ。 「諺語・古諺・西諺・俗諺・俚諺りげん
日常語。平易な語。 「諺解」
【厳(嚴)】 [音] ゲン ・ゴン
おごそか。いかめしい。 「厳粛・厳然・威厳・謹厳・尊厳・荘厳そうごん
きびしい。はげしい。 「厳格・厳寒・厳禁・厳守・厳重・厳正・厳冬・厳罰・厳密・厳命」
父に対する尊称。 「厳君・厳父」
【験】
⇒ けん〔験〕 [漢]
【 儼 】 [音] ゲン
おごそか。いかめしい。 「儼乎げんこ・儼然」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android