コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兀庵 ごったん

大辞林 第三版の解説

ごったん【兀庵】

〔「ごつあん」の連声〕 (1197~1276) 中国、南宋の臨済宗の僧。名は普寧ふねい。諡号しごうは宗覚禅師。1260年来日し、北条時頼に請われて建長寺第二世となる。1265年帰国。その門流を兀庵派といい、日本禅宗二四流の一。書家としてもすぐれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兀庵の関連キーワード建長寺庭園太古世源南洲宏海宅磨長賀一翁院豪高峰顕日無学祖元東巌慧安北条時頼蘭渓道隆兀庵普寧正伝寺建長寺浄智寺臨済宗門流連声南宋総覚普寧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android