コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元寇・元冦 げんこう

大辞林 第三版の解説

げんこう【元寇・元冦】

1274年(文永11)と81年(弘安4)の二度にわたる元軍の来襲。高麗を支配下におさめたフビライは日本に入貢を求めて拒否され、遠征軍を送って壱岐・対馬を侵略し博多に迫ったが、二度とも西国御家人の奮戦と、折しも襲った暴風雨によって艦船の大半を失い敗退した。文永弘安の役。蒙古来。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

元寇・元冦の関連キーワード西国御家人フビライ暴風雨高麗対馬艦船来襲入貢壱岐奮戦

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android