コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元神戸市議の汚職事件

1件 の用語解説(元神戸市議の汚職事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

元神戸市議の汚職事件

自民党市議団長の村岡功被告=あっせん収賄などの罪で公判中=は、元産廃処理業者らの依頼を受け、大手産廃処理会社の市内への進出を阻むための要綱の変更や、市のリサイクル施設の運営委託先の選定方法の変更を市職員に働きかけ、見返りに計2800万円を受け取ったとされる。長男で元市議の龍男被告=同罪で公判中=も要綱の変更に絡み計3500万円をもらったとされる。

(2007-03-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元神戸市議の汚職事件の関連キーワード自民党市議争議団市議選セルフアッセンブリー機構自民・品川区議団政務調査費訴訟自民党との折衝自民党名古屋市議団の政務調査費不適切処理問題

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone