元締・元〆(読み)もとじめ

精選版 日本国語大辞典の解説

もと‐じめ【元締・元〆】

〘名〙
① 一つに統括して締めくくること。また、その任にあたる人。たばね役。たとえば、同業者組合の統括者。
※堂島旧記‐一・元和二年(1616)九月二〇日「右に付今に於て糸割符元〆とて、総年寄中長崎え下向有之候事」
② 金銭の勘定などにつき、おおもとの取り締まりをすること。また、その人。
※浄瑠璃・双生隅田川(1720)三「奥・坂東の本じめして、秋田坂田蝦夷八丈迄売つつ買ふつの人商売」
③ 江戸幕府の職名。代官所属の手付・手代のうち上席のもの。定員一~二名。代官を補佐し、勧農、納租、帳簿、出納、聴訟、断獄、警察など、一切の事務を総理したもの。
※牧民金鑑‐三・手附手代・天保七年(1836)二月一六日「元〆え取立候ものは手附手代之無差別、人物可相撰者勿論之事に候」
④ 江戸幕府の職名。寄場(よせば)奉行に属する寄場元締役の略称。佃島人足寄場の庶務を主宰したもの。寛政二年(一七九〇)設置。配下に寄場下役がいた。
⑤ 江戸幕府の職名。勘定所に属する普請役元締の略称。堤防・道路・橋梁などの修築をつかさどったもの。普請役中から選ばれ、八十俵三人扶持。支配勘定格。定員三~四人。
※牧民金鑑‐一〇・御普請・宝暦四年(1754)四月「自今右寄目録、掛り御普請役並元〆印形に而為差出」
⑥ 江戸初期、大坂の町役人。のちの惣年寄にあたるもの。大坂町奉行が由緒ある家柄町人から選出し、町割・地子銀の徴収その他町政をつかさどらせたもの。
※堂島旧記‐一・元和二年(1616)九月二〇日「町々年寄も元〆より被極候」
⑦ 博打打(ばくちうち)などの親分。→筒元(どうもと)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報