元職員による極秘情報収集の暴露

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

元職員による極秘情報収集の暴露

米国家安全保障局(NSA)が「PRISM」など計四つの極秘プログラムを使ってネット上の個人情報を収集していたと、米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員が告発。メールの文面なども閲覧できるプログラム「エックス・キースコア(XKS)」に関する情報も英紙に提供した。元職員は米政府に訴追され、香港からモスクワ渡航ロシアなど25カ国以上に亡命を求めていたとされるが、米国が亡命の申請国に圧力をかけるなどしたため、受け入れを拒否する国が相次いだ。

(2013-08-02 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android