コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元職員による極秘情報収集の暴露

1件 の用語解説(元職員による極秘情報収集の暴露の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

元職員による極秘情報収集の暴露

米国家安全保障局(NSA)が「PRISM」など計四つの極秘プログラムを使ってネット上の個人情報を収集していたと、米中央情報局(CIA)のエドワードスノーデン元職員が告発。メールの文面なども閲覧できるプログラム「エックスキースコア(XKS)」に関する情報も英紙に提供した。元職員は米政府に訴追され、香港からモスクワへ渡航、ロシアなど25カ国以上に亡命を求めていたとされるが、米国が亡命の申請国に圧力をかけるなどしたため、受け入れを拒否する国が相次いだ。

(2013-08-02 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元職員による極秘情報収集の暴露の関連キーワード国家安全保障会議NSC安全保障条約安保米国の国家安全保障会議(NSC)米国家安全保障局(NSA)国家安全保障国家安全保障会議文書68国家安全保障局国家安全保障法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone