コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元職員による極秘情報収集の暴露

1件 の用語解説(元職員による極秘情報収集の暴露の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

元職員による極秘情報収集の暴露

米国家安全保障局(NSA)が「PRISM」など計四つの極秘プログラムを使ってネット上の個人情報を収集していたと、米中央情報局(CIA)のエドワードスノーデン元職員が告発。メールの文面なども閲覧できるプログラム「エックスキースコア(XKS)」に関する情報も英紙に提供した。元職員は米政府に訴追され、香港からモスクワへ渡航、ロシアなど25カ国以上に亡命を求めていたとされるが、米国が亡命の申請国に圧力をかけるなどしたため、受け入れを拒否する国が相次いだ。

(2013-08-02 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

元職員による極秘情報収集の暴露の関連キーワードエドワード・スノーデン寺島惇太NSAの情報収集問題米英の情報収集を巡る報道SOLTERIA角柱子音だいちゾウのオリアメリカのジャーナリズムと内部告発

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone