コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兄・夫・背

大辞林 第三版の解説

せ【兄・夫・背】

女性から見て、同腹の男の兄弟をいう語。年上にも年下にもいう。 「言問はぬ木すら妹と-とありといふをただ独り子にあるが苦しさ/万葉集 1007
女性が、自分の恋人や夫をいう語。 「事しあらば小泊瀬おはつせ山の石城いわきにも隠らば共にな思ひ我が-/万葉集 3806
一般に、男性を親しんで呼ぶ称。 「岩根踏み山越え野行き都辺に参ゐし我が-を/万葉集 4116
▽↔ いも

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

兄・夫・背の関連キーワード万葉集

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android