兄子・夫子・背子(読み)せこ

精選版 日本国語大辞典の解説

せ‐こ【兄子・夫子・背子】

〘名〙 (「こ」は親愛の気持を表わす接尾語) 夫・兄・弟など、広く男性を親しんでいう語。主として女性が用いる。
① 女性が自分の夫、あるいは恋人である男性に対して用いる場合。
※書紀(720)允恭八年二月・歌謡「我が勢故(セコ)が来べき宵なりささがねの蜘蛛(くも)の行なひ今宵著(しる)しも」
② 女性が兄または弟、ときに甥などに対して用いる場合。
※万葉(8C後)二・一〇五「吾が勢祜(セコ)を大和へ遣るとさ夜深けて暁露に吾が立ち濡れし」
③ 男性が他の親しい男性に対して用いる場合。
※古事記(712)下・歌謡「物部(もののふ)の わが夫子(せこ)が 取り佩(は)ける 太刀の手上に 丹(に)画き著け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android