兆候・徴候(読み)ちょうこう

大辞林 第三版の解説

ちょうこう【兆候・徴候】

物事の起こる前触れ。きざし。しるし。気配。 「インフレの-がみられる」 〔類義の語に「前兆」があるが、「前兆」はある出来事が起こる以前にその出現を知らせる、別の具体的な現象の意を表す。それに対して「兆候・徴候」はある出来事が起こりかけているという気配をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android