コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性腸閉鎖(塞)症 せんてんせいちょうへいさそくしょうCongenital Atresia of the Duodenum and Intestine

家庭医学館の解説

せんてんせいちょうへいさそくしょう【先天性腸閉鎖(塞)症 Congenital Atresia of the Duodenum and Intestine】

[どんな病気か]
 十二指腸(じゅうにしちょう)から結腸(けっちょう)までのどこかで腸の内腔(ないくう)が、生まれつき閉鎖されているか狭くなっている形態異常です。
 腸の内腔が膜のようなもので閉ざされているもの(膜様閉鎖型(まくようへいさがた))、腸の一部が、ひものようになっているもの(索状閉鎖型(さくじょうへいさがた))、腸が完全にとぎれていて、その先端が袋のようになっているもの(離断閉鎖型(りだんへいさがた))、離断閉鎖型が複数の箇所でおこっているもの(多発閉鎖型(たはつへいさがた))などのタイプがあります。
 おこりやすいのは十二指腸や小腸(しょうちょう)で、結腸におこることはまれです。
[症状]
 生後1~2日で胆汁(たんじゅう)のまじった嘔吐(おうと)、腹部膨満(ふくれ)、胎便(たいべん)の排出の遅れ(出生後24時間以上たっても胎便が出ない)などがみられます。
 腹部の単純X線検査で診断がつくことが多いのですが、造影X線検査を行なうと、より詳しいことがわかります。
[治療]
 低体温を予防するため保育器に収容し、点滴による輸液、輸血、抗生物質の投与などを行ない、全身状態を改善させます。
 そのうえで、腸を開通させる手術を行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android