先天性腸閉鎖(塞)症(読み)せんてんせいちょうへいさそくしょう(英語表記)Congenital Atresia of the Duodenum and Intestine

家庭医学館「先天性腸閉鎖(塞)症」の解説

せんてんせいちょうへいさそくしょう【先天性腸閉鎖(塞)症 Congenital Atresia of the Duodenum and Intestine】

[どんな病気か]
 十二指(じゅうにしちょう)から結腸(けっちょう)までのどこかで腸の内腔(ないくう)が、生まれつき閉鎖されているか狭くなっている形態異常です。
 腸の内腔が膜のようなもので閉ざされているもの(膜様閉鎖型(まくようへいさがた))、腸の一部が、ひものようになっているもの(索状閉鎖型(さくじょうへいさがた))、腸が完全にとぎれていて、その先端が袋のようになっているもの(離断閉鎖型(りだんへいさがた))、離断閉鎖型が複数の箇所でおこっているもの(多発閉鎖型(たはつへいさがた))などのタイプがあります。
 おこりやすいのは十二指腸や小腸(しょうちょう)で、結腸におこることはまれです。
[症状]
 生後1~2日で胆汁(たんじゅう)のまじった嘔吐(おうと)、腹部膨満(ふくれ)、胎便(たいべん)の排出の遅れ(出生後24時間以上たっても胎便が出ない)などがみられます。
 腹部の単純X線検査で診断がつくことが多いのですが、造影X線検査を行なうと、より詳しいことがわかります。
[治療]
 低体温を予防するため保育器に収容し、点滴による輸液、輸血、抗生物質の投与などを行ない、全身状態を改善させます。
 そのうえで、腸を開通させる手術を行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android