コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性腸閉鎖(塞)症 せんてんせいちょうへいさそくしょう Congenital Atresia of the Duodenum and Intestine

1件 の用語解説(先天性腸閉鎖(塞)症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいちょうへいさそくしょう【先天性腸閉鎖(塞)症 Congenital Atresia of the Duodenum and Intestine】

[どんな病気か]
 十二指腸(じゅうにしちょう)から結腸(けっちょう)までのどこかで腸の内腔(ないくう)が、生まれつき閉鎖されているか狭くなっている形態異常です。
 腸の内腔が膜のようなもので閉ざされているもの(膜様閉鎖型(まくようへいさがた))、腸の一部が、ひものようになっているもの(索状閉鎖型(さくじょうへいさがた))、腸が完全にとぎれていて、その先端が袋のようになっているもの(離断閉鎖型(りだんへいさがた))、離断閉鎖型が複数の箇所でおこっているもの(多発閉鎖型(たはつへいさがた))などのタイプがあります。
 おこりやすいのは十二指腸や小腸(しょうちょう)で、結腸におこることはまれです。
[症状]
 生後1~2日で胆汁(たんじゅう)のまじった嘔吐(おうと)、腹部膨満(ふくれ)、胎便(たいべん)の排出の遅れ(出生後24時間以上たっても胎便が出ない)などがみられます。
 腹部の単純X線検査で診断がつくことが多いのですが、造影X線検査を行なうと、より詳しいことがわかります。
[治療]
 低体温を予防するため保育器に収容し、点滴による輸液、輸血、抗生物質の投与などを行ない、全身状態を改善させます。
 そのうえで、腸を開通させる手術を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性腸閉鎖(塞)症の関連キーワード十二指腸十二指腸潰瘍十二指腸虫吐血胃痛胃-十二指腸潰瘍十二指腸炎十二指腸カタル十二指腸腺胃潰瘍/十二指腸潰瘍

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone