コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性食道閉鎖症/気管食道瘻 せんてんせいしょうどうへいさしょうきかんしょくどうろう Congenital Esophageal Atresia / Tracheoesophageal Fistula

1件 の用語解説(先天性食道閉鎖症/気管食道瘻の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいしょうどうへいさしょうきかんしょくどうろう【先天性食道閉鎖症/気管食道瘻 Congenital Esophageal Atresia / Tracheoesophageal Fistula】

[どんな病気か]
 食道が途中でとぎれていて、その先端が閉じて(閉鎖(へいさ))、袋のようになっていたり(盲端(もうたん))、気管とつながっている(瘻(ろう))、形態異常です。
 いろいろな形がありますが(図「食道閉鎖/気管食道瘻の分類」)、胃の側の食道が気管とつながっているC型が80~90%を占めます。
[症状]
 唾液(だえき)を飲み込めず気管に入るため、生まれた直後から、口から泡をふいているのが特徴です。哺乳(ほにゅう)させると呼吸困難チアノーゼなどが出現します。
[検査と診断]
 栄養チューブを鼻から胃まで挿入(そうにゅう)する検査で、チューブが胃まで届かず、Uターンして戻ってくるのでわかります(コイルアップ現象)。
 E型は、このコイルアップ現象がみられないために、発見が遅れることもあります。
[治療]
 食道と気管を切り離し、とぎれた上下の食道をつなぎます。上下の食道が離れていてすぐにつなげない場合は、一時的に気管と切り離し、胃瘻(いろう)をつくってそこからミルクを注入し、後に代用食道(小腸(しょうちょう)や結腸(けっちょう)の一部)を使ったり、食道延長術を行なってからつなぎます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性食道閉鎖症/気管食道瘻の関連キーワード絶え絶え絶える長続き何心地途切れ途切れ途切れ途切れる人切れ腰斬食道がん

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone