コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光クラブ事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

光クラブ事件

光クラブ開業は48年秋。取り立ての厳しい高利貸だったが、東京・銀座に進出。東大生社長の会社としてもてはやされ、目立つ広告で出資者を集めた。49年に物価統制令違反容疑で摘発されると資金繰りに行き詰まり、山崎は同年11月、「貸借法すべて清算カリ自殺」とのアイロニカルな遺書を残し、社長室で服毒自殺した。当時「アプレゲール(戦後)世代の典型」とみなされ、三島由紀夫の「青の時代」や高木彬光の「白昼の死角」などの小説のモデルとなった。近年、ライブドア事件との類似性から再び注目され、山崎の死後出版された著書「私は偽悪者」が再刊された。

(2007-10-21 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

光クラブ事件の関連キーワード石の下の記録佐野大輔田村学

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android