コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光化学オキシダントと煙霧

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

光化学オキシダントと煙霧

光化学オキシダントは目やのどの粘膜を刺激するため、大気中の濃度が0・12ppm以上になると都道府県が注意報を出す。国内で排出された物質が原因の場合は風が弱い日に起こりやすい。煙霧は乾いた微粒子で空が白く濁り、視界が10キロ未満になる状態で、水分が原因の霧やもやとは区別される。大気中のちり、砂、化学物質など原因は様々。大陸から飛来した微粒子が原因になる場合もある。

(2012-05-16 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

光化学オキシダントと煙霧の関連キーワード光化学オキシダント

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android