コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光明寺残篇 こうみょうじざんぺん

世界大百科事典 第2版の解説

こうみょうじざんぺん【光明寺残篇】

伊勢国光明寺所蔵の文書を補綴して一書としたもの。文書の写しの部分と日記の部分から成る。南北朝期の成立。作者不明。《光明寺蔵書残篇》《軍中日記》などともいうが正式の名称はない。日記は1331年(元弘1)8月の後醍醐天皇の奈良への遷幸から同年10月の幕府軍の赤坂城攻めまでを記す。元弘の乱より建武新政に至る時期の歴史展開を知るための根本史料。《群書類従》所収。【稲葉 伸道】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の光明寺残篇の言及

【光明寺】より

…当寺は南朝ゆかりの寺で,結城宗広(ゆうきむねひろ)が当寺に拠って衰退する南朝の再挙を計ったが,むなしく当寺で没したという悲史がある。その関係で,有名な《光明寺残篇》など南朝関係の古文書多数がある。【藤井 学】。…

※「光明寺残篇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android