コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎角・左右・兔角 とかく

大辞林 第三版の解説

とかく【兎角・左右・兔角】

( 副 ) スル
〔「と」 「かく」ともに副詞。「兎角」「左右」は当て字〕
雑多な事態の起こるさま。あれやこれや。なにやかや。いろいろと。 「 -するうちに」 「他人のことを-言う前に自分の身を正せ」
しばしばそうなる傾向があるさま。ともすると。ややもすれば。 「あせってやると-失敗しがちだ」 「彼は-病気で休むことが多い」
(「とかくの」の形で)あまり好ましくないことがあれこれとある意を表す。 「 -の見方がある」 「 -のうわさがある」
種々の事情は別として。いずれにしても。 「 -この世はままならぬ」
( 名 )
種々の事態。あれこれの事柄や言葉。 「先師暫く吟じて-をのたまはず/去来抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android