児玉 俊夫(読み)コダマ トシオ

20世紀日本人名事典の解説

児玉 俊夫
コダマ トシオ

昭和期の整形外科学者 岡山大学教授。



生年
大正1(1912)年9月28日

没年
昭和53(1978)年5月20日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大医学部〔昭和11年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和18年〕

経歴
東大整形外科教室で高木憲次に師事、昭和19年臨時東京第3陸軍病院で戦傷切断肢の神経腫、その予防に関する研究に関与。21年湯河原整形外科療養所医務部長、24年東大医学部助教授、29年岡山大学医学部整形外科教室初代主任教授。53年定年退官。この間、第8回リューマチ学会、第41回日本整形外科学会、第14回リハビリテーション学会各会長。中部日本整形外科学会創立に尽力、国際リューマチ学会との交流、日本のリューマチ医学の体系化、リューマチ専門医の研修、東南アジア太平洋地域リューマチ学会連盟結成などに大きく貢献した。また整形外科専門医教育の体系化、医学教育の体系化に岡山方式を提唱した。著書に「整形外科教科書」「骨折の治療」「骨関節のX線診断」「義足」「義手」「リューマチ その最近の知識 1〜5」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android