児玉 勝子(読み)コダマ カツコ

20世紀日本人名事典の解説

児玉 勝子
コダマ カツコ

昭和期の婦人運動家



生年
明治39(1906)年3月13日

没年
平成8(1996)年1月14日

出生地
長野県

学歴〔年〕
上田高女〔大正11年〕卒

経歴
昭和3年上京、婦選獲得同盟職員ならびに中央委員を務める。26年日本婦人有権者同盟坂城支部を結成、支部活動を行なう。28年婦人問題研究所に勤務。37年(財)婦選会館常務理事。59年辞職。62年常務理事辞任。著書に「婦人参政権運動小史」「覚書・戦後の市川房枝」「十六年の春秋」他。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android