コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉 果亭 コダマ カテイ

20世紀日本人名事典の解説

児玉 果亭
コダマ カテイ

明治・大正期の日本画家



生年
天保12年1月30日(1841年)

没年
大正2(1913)年1月

出生地
信濃国下高井郡平穏村渋温泉(長野県)

別名
別号=果堂,果道人,迂果

経歴
20歳の頃、飯山藩の佐久間雲窓に師事、南蘋派を学ぶ。数年後帰郷し、隣村の興隆寺住職畔上楳仙に経史禅学を学んだ。慶応2年類焼によって家財を失い、以後全国を遊歴。のち京都に移り田能村直入に師事、南画を学ぶ。3年後の明治13年帰郷してが室竹僊山房を築いた。17年内国絵画共進会に「山水」「花卉」で褒状、19年東洋絵画共進会に「山水」2回で銀賞を受賞。その後は郷里に閑居し制作を続けた。直入の師・田能村武田の画風をはじめ、稼圃、藍田叔、盛茂燁などの中国古名蹟を学び、山水を得意とした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

児玉 果亭の関連キーワード山ノ内町立志賀高原ロマン美術館湯田中[温泉]安田 半圃青柳 琴僊菊池 契月小坂 芝田吉嗣 拝山山本 梅荘吉嗣拝山山本梅荘菊池契月青柳琴僊丸山晩霞藤森紫僊岡村琴仙小坂芝田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android