コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉源之丞

美術人名辞典の解説

児玉源之丞

幕末・明治の薩摩藩士・書家。号は天雨。昌平黌に学び詩画を能くする。鹿児島県御用掛となり宮内省出仕、のち華頂宮家令となる。明治21年(1888)歿、享年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android