コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉誉士夫氏の証人喚問

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

児玉誉士夫氏の証人喚問

76年2月4日、米国の上院外交委員会多国籍企業小委員会で、ロッキード社の海外での航空機売り込みに伴う不正支出について「日本でも30億円以上支払われた。うち21億円は児玉氏に渡った」と発言が出た。その後の捜査などで、わいろの流れは(1)丸紅を通じて田中角栄元首相に渡されたとされる「丸紅ルート」(2)全日空がロッキード社にリベートを要求し、政界にばらまかれたとされる「全日空ルート」(3)児玉氏に流れたとされる「児玉ルート」、という3ルートが存在するとされた。日本の衆院予算委員会は、全日空や丸紅の幹部の証人喚問を実施したが、児玉氏は病気を理由に出頭を拒否。その後の捜査でも児玉氏の病気が障害となり、児玉ルートは解明されなかった。

(2006-08-05 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android