コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童養護施設の心理担当職員

1件 の用語解説(児童養護施設の心理担当職員の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

児童養護施設の心理担当職員

99年以降、被虐待児が10人以上いるなど一定の基準を満たすと、心理療法担当の職員の人件費を国と県が半分ずつ負担する。現在、県内の22児童養護施設に計38人(08年4月)の臨床心理士がいる。心理的ケアを受けている子どもの数は、心理士1人につき平均12人。心理士がいない施設がある一方、あゆみ学園のように、2人配置している施設もある。2人目以上の人件費は原則施設が負担する。

(2009-01-24 朝日新聞 朝刊 埼玉全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児童養護施設の心理担当職員の関連キーワード相続分発起人児童養護施設高齢者虐待虐待里親被虐フィブリノゲン製剤里親のケア虐待と知的・発達障害

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone