コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党員・サポーター投票制度

1件 の用語解説(党員・サポーター投票制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

党員・サポーター投票制度

代表選は、国会議員が1人2ポイント地方議員に計100ポイント分が割り当てられるほか、党員・サポーター投票で全国300小選挙区に1ポイントずつが割り振られる。公認内定者は1人1ポイントになる見通し。党員・サポーター分が全体の3分の1を占め、代表選の行方を左右する。党員・サポーター投票は02年以降は行われていない。その後、2度あった任期満了時は代表が無投票再選し、代表が途中辞任した際は両院議員総会で新代表が選ばれた。党員は党費6千円、サポーターは会費2千円を毎年支払う。党員・サポーター登録は毎年5月末で締め切られ、今年は約27万人が登録した。

(2008-07-03 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

党員・サポーター投票制度の関連キーワード議員国会議員ポイント活字国会議員互助年金国会議員年金民主党の党員・サポーター国会議員秘書民主党代表選民主党代表選の仕組み民主党代表選のしくみ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone