コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党大会 トウタイカイ

2件 の用語解説(党大会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐たいかい〔タウタイクワイ〕【党大会】

政党に所属する国会議員都道府県組織の代表(代議員)によって構成される、政党の最高決定機関。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

党大会

中国共産党全国代表大会の略称で、党規約改正など党の基本路線を決定する。近年は5年に1度開かれており、来年は第18期党大会。約1年前から模範党員2千数百人の代表選出が全国で始まる。大会で選出される中央委員会の第1回全体会議で総書記などの新指導部が決まる。

(2011-10-20 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

党大会の関連キーワード紅旗コミンテルン趙紫陽董必武毛沢東思想合作中共NPC全特全国人民代表大会(全人代)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

党大会の関連情報