コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党首の第一声

1件 の用語解説(党首の第一声の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

党首の第一声

国政選挙が公示された直後に、各政党の党首が行う最初の演説のこと。各党が重視する場所で行うことが多い。麻生首相(自民党総裁)は「成長」を意識し、大学が多い東京都八王子市で。民主党の鳩山代表は、勝敗を左右する大都市部の大阪市の街頭で訴えた。

(2009-08-22 朝日新聞 朝刊 特設H)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

党首の第一声の関連キーワード革新倶楽部党首新進党ドント方式在外選挙国政選挙イスラエル総選挙カンボジア総選挙ネットと選挙公職選挙法とポスター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

党首の第一声の関連情報