コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜蟹・鱟魚 かぶとがに

大辞林 第三版の解説

かぶとがに【兜蟹・鱟魚】

剣尾目の節足動物。成体は全長60センチメートル 内外。半円形の頭胸甲と、五角形に近い腹甲、剣状の尾から成り、腹甲の縁には長く鋭いとげがある。脚は胸部に六対、うち第二対以下は先端がはさみ状。腹部には付属肢が六対ある。世界で四種現存、日本には瀬戸内海・博多湾に一種が分布。系統的にはカニよりもクモ類・サソリ類に近く、中生代に栄えた種属の生き残りで「生きている化石」といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兜蟹・鱟魚の関連キーワードサソリ類瀬戸内海節足動物頭胸甲クモ類博多湾中生代半円形付属肢胸部成体

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android