コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入り組み・入組み いりくみ

大辞林 第三版の解説

いりくみ【入り組み・入組み】

物事の関係がいりくんでいること。いざこざ。 「思はぬ-が興る者で/当世書生気質 逍遥
土地の境界が複雑であること。また、そういう所。 「田上郡は給所給所の-にて/浄瑠璃・反魂香」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入り組み・入組みの関連キーワード当世書生気質反魂香