コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入る・這入る はいる

大辞林 第三版の解説

はいる【入る・這入る】

( 動五[四] )
〔「這ひ入る」の転か〕
人・動物などがある建物・区画の中へ移動する。 ↔ 出る 「部屋に-・る」 「中にお-・り下さい」 「列車がホームに-・る」 「芝生に-・らないで下さい」
ある目的のためにその場に移動する。 「海に-・る」 「お風呂に-・る」
組織の一員となる。仲間に加わる。 「この春-・った社員」 「野球部に-・る」 「夫の籍に-・る」
ある環境・分野に進む。 「政界に-・る」
ある物が他の物の内部・内側に移り、そこに収まる。
内側に移動する。 「目にゴミが-・る」 「稲の穂は実が-・るほど垂れ下がる」
入れられたり、付けられたりして、そこにある。 「宝石の-・った箱」 「ネームの-・った便箋」
…の数量がちょうど収まる。容量が…である。 「二リットル-・る瓶」
中に含まれる。添加されている。 「アルコールの-・った飲み物」
機械や設備が設置される。 「ファックスがうちの課に-・った」 「近く都市ガスが-・る」
表から奥の方へ進む。 「通りから少し-・った所」
品物や金銭が自分の物となる。自分の手元に収まる。 「近く、まとまった金が-・る」 「御注文の品が-・りました」
情報・技術・文化などが伝わる。 「現地から第一報が-・る」 「水墨画は室町時代に中国から-・った」
あるものに他のものが割り込んだり加わったりする。 「番組の途中にコマーシャルが-・る」
あるグループ・範囲の中にある。 「鯨は哺乳類に-・る」 「合格圏内に-・る」 「失敗のうちに-・らない」
計算や思慮の対象となっている。 「乗り換え時間は計算に-・っていない」 「予定に-・っている」
機械などが運転状態になる。 ↔ 切れる 「スイッチが-・っている」
ある事柄やプロセスを始める。 「では本題に-・ります」 「経済問題から交渉に-・る」
ある時期になる。時間が経過して、ある状態になる。 「夏休みに-・る」 「夜に-・って雪になった」 「話が佳境に-・る」
割れ目などが生ずる。 「壁に亀裂が-・る」 「ひびの-・った茶碗」 「鬆が-・る」
〔「酒が入る」の意〕 酒を飲んで酔っていることを婉曲に言う。 「だいぶ-・っているようだ」
飲み物ができる。 「お茶が-・りました」
選挙で、票を獲得する。 「一万票も-・った」
(「目・耳・頭に入る」の形で)認識・理解する。 「標識が目に-・らなかった」 「…といううわさが耳に-・った」 「頭に-・らない」
(「熱・身・力が入る」の形で)熱心にする、集中して…するの意を表す。 「話に熱が-・る」 「腕に力が-・り過ぎている」 「勉強に身が-・らない」
(「実が入る」の形で)植物が結実する。 「まだ実が-・っていない」 〔文語では普通「いる(入)」が用いられる〕
[可能] はいれる
[慣用] 手が- ・火が- / 穴があったら入りたい ・年季が入っている

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android