コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入会権と小繋事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

入会権と小繋事件

小繋は青森県境に近い40戸ほどの集落。江戸時代から近くの小繋山で木材や薪などを採取する入会の慣行を続けて生計を立ててきた。1915年、集落が火事で焼失し、農民らは再建のため小繋山で木を伐採しようとしたが、茨城県在住の地主がこれを認めなかったことから紛争が始まった。農民らは入会権の確認を求めて17年に民事訴訟を起こし、以降、集落は地主賛成派、地主反対派に二分され、激しく対立。55年には住民11人が無断で木を切ったとして森林法違反容疑などで逮捕される刑事事件に発展した。紛争は75年に両派の間に調停が成立するまで続いた。

(2010-03-10 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android