コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入来〈町〉 いりき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕入来〈町〉(いりき〈ちょう〉)


鹿児島県北部、川内(せんだい)川支流の樋脇川上流域に存在した町。薩摩郡。
中世に町域を領した入来院(いりきいん)家の『入来文書』で知られる。2004年(平成16)10月、合併のため廃止。⇒薩摩川内市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

入来〈町〉の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市薩摩川内[市]東郷[町]朝河貫一VERA祁答院上甑鹿島東郷下甑

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android