コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江石亭 いりえ せきてい

美術人名辞典の解説

入江石亭

江戸中期の古書画蒐集家・鑑定家。大阪の人。小山伯鳳の弟、入江昌喜養嗣子。名は寿喜、字は季鶴、五郎兵衛・清蔵と称す。書法に通じ和歌をよくす。また古書画を多く収蔵し、鑑定にも精通していた。天保10年(1839)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android