コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江 相政 イリエ スケマサ

20世紀日本人名事典の解説

入江 相政
イリエ スケマサ

昭和期の随筆家 宮内庁侍従長。



生年
明治38(1905)年6月29日

没年
昭和60(1985)年9月29日

出生地
東京・麻布

学歴〔年〕
東京帝大文学部国文学科〔昭和4年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和50年〕

経歴
藤原定家、俊成らの血を引き和歌で知られた冷泉家の分家、入江家の三男。昭和9年学習院大学教授から侍従となり、戦前、戦中、戦後の51年間、昭和天皇のおそばに仕えてきたが、60年10月1日の勇退を目前に急逝した。この間、侍従次長を経て、44年侍従畑では初めての生えぬきの侍従長に就任。昭和天皇の訪欧、訪米の随員などを務めた。随筆家としても知られ、「侍従とパイプ」「天皇さまの還暦」「いくたびの春」など数多くの著書を通じて“人間天皇”の素顔を国民に紹介、また55年から始まった京都、冷泉家伝来の古文書公家屋敷の調査・公開などで大きな役割を果たした。平成3年「入江相政日記」(全6巻 朝日新聞社)が刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

入江 相政 (いりえ すけまさ)

生年月日:1905年6月29日
昭和時代の官僚;随筆家。宮内庁侍従長
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

入江 相政の関連キーワード入江為守皇居

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android