入沢 宗寿(読み)イリサワ ソウジュ

20世紀日本人名事典の解説

入沢 宗寿
イリサワ ソウジュ

昭和期の教育学者 東京大学教授。



生年
明治18(1885)年12月23日

没年
昭和20(1945)年5月6日

出生地
鳥取県

学歴〔年〕
東京帝大文科大学哲学科教育学専攻〔明治44年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和4年〕

経歴
神宮皇学館教授から大正8年東大文学部助教授となり、昭和4年ドイツ留学。7年教授となった。西洋近世以降の教育思想史を研究、新教育運動にも関心深く、郷土教育、労作教育などを究明、川崎市立田島尋常高等小学校における郷土生活に根ざした体育教育の実験的研究は、田島体験学校といわれて、有名。また国際新教育連盟の日本支部、新教育協会の創設にも尽くした。著書に「近代教育思想史」「新教育の哲学的基礎」「新郷土教育原理」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

入沢 宗寿 (いりさわ むねとし)

生年月日:1885年12月23日
昭和時代の教育学者。東京帝国大学教授
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android