コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入試の解禁日統一と早期化

1件 の用語解説(入試の解禁日統一と早期化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

入試の解禁日統一と早期化

「時期を合わせないと、特定の人気校に受験生が集中し、経営的に苦しむ学校が出る」(近畿私立中学高校連合会)として統一された。一段と早まった背景には、04年度に中学を併設して人気が高まった和歌山の県立高校が、今年も1月下旬に入試を実施。このため、早期化を望んだ和歌山の私学に他府県が合わせたという。大阪、京都、兵庫は94年度まで3月1日が大半で、昨年度は1月22日。東京の入試は2月から本格的に始まり、首都圏は関西のように統一されていない。

(2006-02-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入試の解禁日統一と早期化の関連キーワード顔を合わせる口裏を合わせる口を合わせる調子を合わせる手を合わせる肌を合わせるばつを合わせる間を合わせる辻褄を合わせる入試の解禁日統一

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone