コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入野 義朗 Irino Yoshiro

2件 の用語解説(入野 義朗の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

入野 義朗

ソ連ウラジオストク生まれ。1943年東京帝国大学(現東大)経済学部卒。在学中より諸井三郎に作曲を師事。東京銀行勤務や海軍主計を経て、戦後作曲家として独立。46年に柴田南雄、戸田邦雄らと「新声会」を結成 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

入野 義朗
イリノ ヨシロウ

昭和期の作曲家 桐朋学園大学教授。



生年
大正10(1921)年11月13日

没年
昭和55(1980)年6月23日

出生地
ソ連・ウラジオストク

学歴〔年〕
東京大学経済学部経済学科〔昭和18年〕卒業

主な受賞名〔年〕
日本音楽家連盟賞〔昭和21年〕「弦楽四重奏曲」,毎日音楽賞〔昭和24年 25年 29年〕,尾高賞(第6回 8回)〔昭和32年 34年〕,ザルツブルクオペラ賞〔昭和37年〕「綾の鼓」

経歴
在学中、諸井三郎に作曲を師事。銀行に一時勤めたあと作曲家に転向。昭和21年「弦楽四重奏曲」でデビュー。同年、柴田南雄らと「新生会」を結成。26年「7楽器のための室内協奏曲」で日本に初めて十二音技法による作曲を行なった。24年、25年、29年と毎日音楽賞、32、34年の2度にわたって尾高賞を受賞。37年にはテレビ用オペラ「綾の鼓」でザルツブルク・オペラ賞を受けた。ほかの代表作品に「合奏協奏曲」「シンフォニア」「交響曲第2番」などがある。桐朋学園大教授のほか、日本作曲家協議会委員長、日本現代音楽協会委員長などの指導的立場でも才腕をふるった。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入野 義朗の関連キーワードタム服部智恵子浦塩斯徳入野義朗ウラジミルツォフラジオカーオストラ岩ウラジオストク・ビエンナーレ杉浦竜吉前田清次

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone