コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全き まったき

大辞林 第三版の解説

まったき【全き】

〔文語形容詞「まったし」の連体形から〕
完全で欠けたところのないこと。 「 -を期す」 「 -を得る」 → まったい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

全きの関連キーワードシュレーゲル(兄弟)アンドレ フレノーイエス・キリストボナベントゥラスーフィズム本山(町)ペシミズムマリタン遊戯衝動第三帝国心境小説丹波国随想録メシア儒教堅信教会優美

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全きの関連情報