コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯 ぜん

大辞林 第三版の解説

ぜん【全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯】

【 全 】 [音] ゼン
欠点やきずがない。あますところがない。 「 全人 ・全能 ・全美 ・安全 ・完全 ・十全 ・万全 」
すべて。みな。まったく。 「 全軍 ・全校 ・全国 ・全集 ・全勝 ・全体 ・全長 ・全部 ・全貌 ・全力 」
まっとうする。完全な状態にする。 「 保全 」
【 前 】 [音] ゼン
まえ。さき。
視線の向いているところ。 「 前進 ・前途 ・前方 」
正面の方向に位置すること。 「 前衛 ・前面 ・前門 ・前輪 」
ある場所より近いところ。 「 門前 ・霊前 ・前置詞 」
順序が初めであること。 「 前者 ・前編 ・午前 」
その時より過去の時期。むかし。 「 前言 ・前身 ・前人 ・前例 ・前歴 ・以前 ・空前 」
ある物事の実現より早い時期。 「 事前 ・食前 ・寸前 ・直前 」
一つ分、過去にさかのぼった時。 「 前回 ・前日 ・前任 ・前夜 」
あらかじめ。まえもって。 「 前借 ・前知 ・前兆 ・前納 」
【 喘[音] ゼン
あえぐ。せく。 「 喘息 ・喘鳴 」
いのち。いき。気息。 「 残喘 ・余喘 」
【 善 】 [音] ゼン
よい。正しい。 「 善悪 ・善意 ・善行 ・善政 ・善導 ・善人 ・善良 ・勧善 ・最善 ・慈善 ・積善 ・善男善女 」
よく。うまく。十分に。 「 善処 ・善戦 ・善用 ・善後策 ・独善 」
仲よくする。 「 善隣 ・親善 」
【 然 】 [音] ゼン ・ネン
人力の加わらない本来の状態。 「 自然しぜんじねん) ・本然ほんぜんほんねん) ・天然てんねん
そうなる。そうする。しかり。 「 然諾 ・偶然 ・当然 ・必然 ・未然 ・已然いぜん形 」
状態を形容する語をつくる。 「 依然 ・果然 ・毅然きぜん ・欣然きんぜん ・公然 ・浩然こうぜん ・寂然せきぜんじやくねん) ・全然 ・卒然 ・泰然 ・超然 ・陶然 ・沛然はいぜん ・憤然 ・平然 ・猛然 ・冷然 」
【 禅 ( 禪 ) 】 [音] ゼン
天子が神を祭る。 「 封禅ほうぜん
天子が位を譲る。 「 禅譲 」
梵語 dhyāna の音訳「禅那」の略。
心を静かにして真理を悟る。 「 禅機 ・禅宗 ・禅定ぜんじよう ・座禅 」
「禅宗」「座禅」の意。 「 禅語 ・禅刹ぜんさつ ・禅師ぜんじ ・禅堂 ・禅尼 ・禅味 ・禅門 ・禅林 ・参禅 」
【 漸 】 [音] ゼン
だんだん。次第に。 「 漸減 ・漸次 ・漸進 ・漸漸 」
だんだんに進む。 「 西漸 ・東漸 」
ひたす。うるおす。 「 浸漸 」
【 髯[音] ゼン
ひげ。ほおひげ。 「 紅髯 ・美髯 」
【 膳 】 [音] ゼン
調理して供する食べ物。料理。 「 膳羞ぜんしゆう ・膳部 ・饗膳きようぜん ・御膳 ・典膳 ・本膳 」
器に盛った食べ物を載せる台。 「 食膳 ・配膳 」
【 繕 】 [音] ゼン
つくろう。 「 繕写 ・営繕 ・修繕 」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報