全国各地のナマハゲ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全国各地のナマハゲ

大みそかや小正月など1年の節目の夜に集落を練り歩き、家の中で暴れる。邪気を払って福をもたらす神で、家人は酒や料理で丁重にもてなす。起源は山伏や流れ着いた外国人など諸説あるが不明。鹿児島県・甑(こしき)島の「トシドン」は2009年、ユネスコ無形文化遺産になった。

(2011-02-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android